読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖悠学館

アニメとかその他色々

劇場版艦これ感想

特典に釣られて2回観たので感想でも。良い意味で裏切られました。楽しかったです。

 

以下ネタバレです。

 

 

まず僕は言っておくと僕は提督です。アーケードも本家もやっています。

 

イベントでは甲には挑戦しないヌルゲー提督です。はい。

 

まず色々物議をかもしているアニメ版艦これですが、僕は好きでした。

 

艦娘が動いてる!バケツだ!艦載機!妖精さんキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

キャラデザは好きだったので、諸々の設定の答えを公式が提示してくれたことを楽しんでいました。

 

ファミコンゲームの攻略本をみて、「本当はこうなっていたのか…」みたいな感動(古い)

 

ただ一つ苦言を呈するとすれば、本家の艦娘のセリフをそのまんま使うのを多用してたのは、ちょっと違うなと思ってました。

 

ということで僕の劇場版に対する期待は、作画崩壊せず艦娘が動いていればそれで満足できるくらいハードルが低かったので

 

まあ映画も強い深海棲艦が出た→やべえ!ピンチ!→気合と根性と友情と努力で勝利! みたいな感じだろうなーと思っていました。

 

んで

 

いざ劇場版がはじまってみれば、轟沈したはずの如月でてくるし加賀さんが元深海棲艦とか言うし

 

深海棲艦は元々艦娘設定とか薄々そんな気がしてたけど、まさか公式がその答えを提示してきたのにはビビりました。

 

深海棲艦=沈んでしまった艦の無念や哀しみなどの負の感情

 

艦娘=希望

 

あとアニメ版はどうだったか覚えていませんが、劇場版めっちゃ流血してましたね。

 

腕の一本や二本飛ばないかヒヤヒヤしてみてました。

 

 

アニメ版~劇場版で設定を見せつつ物語として完結出来たことはとても良かったです。

 

また映像化するにせよ、こういった物語形式は難しそうだなぁ、と。日常モノになりそう。

 

 

余談

 

比叡の探照灯使って深海棲艦に集中砲火を浴びるのは史実に基づいてたんですね。

 

海戦とか艦の史実に興味が湧いてきたのでアニメじゃなくてもいいのでライトな感じでオナシャス

広告を非表示にする