読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

聖悠学館

アニメとかその他色々

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 をみてきましたー

劇場版魔法少女まどか☆マギカを見てきましたー

 

久々の総集編アニメ映画じゃないということもありましたが

 

とても面白かったです!

 

※以下、ネタバレです

 

 

世界はまどかによって、魔女化することのなくなった世界。

 

[新編]はTVシリーズの続編という位置づけではなく

 

劇場版の始まりの物語/永遠の物語の続きということのようです。(←よくわかっていない)

 

序盤は

 

・5人の魔法少女の夢の共闘

・杏さやのキャッキャウフフ

・QBがキュ?って鳴いてかわいい

・鬱になる展開がない

 

など、夢と希望に満ち溢れたハッピーな世界が展開され

 

これ絶対に茶番だろwwwwと思いながらみていました。

(変身シーンの謎ダンスとナイトメア倒すときの謎ケーキゲームで吹き出しましたwww)

 

後半は

 

・違和感バリバリの世界は魔女化ほむほむによる制作

・敏腕営業マンQBさんがまどかホイホイとしてほむほむを利用

・まどかホイホイとして利用されるなら死を選ぶわ

・まどかホイホイを壊して円環の理で女神まどかと握手しようぜ!

・まどかは本当は女神化せず、みんなと一緒がいいって言ってたから救った(愛の力)

・悪魔ほむほむ爆誕

 

など、QBさんの陰謀を打ち壊し円環の理に導かれて全てが丸く収まるかと思ったら

 

ほむほむのまどか愛が溢れすぎて世界がやばい。

 

悪魔化したほむほむは妖艶な感じがすごいドキドキしてそれはそれで割と好きなのですが

 

ほむほむが自分を犠牲にして、まどかの願いを叶えたのが今回賛否両論になったポイントなのでしょうか。

(僕の知ってるほむほむじゃないからこの世界やだー!)

 

たしかにあのほむほむじゃ、まどかとのキャッキャウフフな薄い本じゃなくて

ほむほむが一方的にまどか攻め展開の薄い本しかできないな。

 

ただ、「みんなが笑顔になれる世界のためなら自分を犠牲にする」まどか と

 

「まどかのためならなんでも犠牲にする」ほむら では

 

魔法少女をなかったコトにできない以上、全部を丸く収めるのは難しそうですが。。。

 

最後の敏腕営業マンQBさんの目が濁っていたのは

 

もう人間なんて制御できないからやだー、って匙を投げたのを悪魔化したほむほむに

 

操られてるといった所なんでしょうか。

 

 

一回観ただけではしっくりこなかった部分もまだあるし

 

週替りで特典も変わるみたいなので、もう一回観にいきたいなぁ。